So-net無料ブログ作成
検索選択
あの日から今日まで ブログトップ
前の10件 | -

あの日から今日まで~INDEX~ [あの日から今日まで]

 

           あの日から今日まで by.mi-mi

        プロローグ  

01.再会(八年前)① 02.再会(八年前)②

03.時間旅行04.告白…というより激白

05.深まる疑問06.その後…事実と現状のギャップ

07.事件簿Ⅰ しまった!コイニオチタ 08.動揺

09.片想い10.揺れる想い

11.”彼”の誕生日①12.”彼”の誕生日②

13.カミングアウト14.泣き笑いの二次会

15.モデルチェンジ!16.波長 ~二人の距離~

17.名前で呼んだ日18.慰安旅行①

19.慰安旅行②20.天国と地獄… (天国編)

21.天国と地獄… (地獄への序章)22.天国と地獄… (地獄編)

23.誤解…そしてまた誤解24.ねじれたハート  

25.すれ違う心と心26.以心伝心!!!   

27.真実…そこに隠れた新事実!!!28.ff(フォルテシモ) 

29.言葉隠して、気持ち隠さず30.初めて交わした約束  

31.”待つ”というトキメキ32.抱きしめたい…。 

33.生い立ち…三つ子の魂百までも34.私にもサンタさんが来た!日の事① 

35.私にもサンタさんが来た!日の事②36.予感…。 

37.プライベートタイム38.my birthday① 

39.my birthday②40.バレンタインデー ~不戦負け~ 

41.事件簿Ⅱ ホワイトデー~秘密がバレた~42.”決別宣言” 

43.悲しいKiss44.記念日① ~告白~

45.記念日② ~約束~46.会いたくて…会えなくて…会いたくて…。

47.なくて七癖…7分の1 ①48.なくて七癖…7分の1 ② 

49.”ひとつ”の夜を越えて50.ママの涙 

51.ママの愛~愛のバトン~52.星に願いを…①~しし座流星群~ 

53.星に願いを…②~しし座流星群~54.もう一人の母の思い  

55.女と女の約束56.Promise  ~週末婚~ 

57.初めてのケンカ ~ジェラシー~58.”ごめんね”のタイミング 

59.memorial days60.事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-起爆 

61.事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-逃避62.事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-慟哭 

63.事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-終結64.nude~身も心も~   

65.夢とひきかえにした想い66.人生の岐路 

67夢ふたたび68”彼”の宝物

         エピローグ 


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

エピローグ [あの日から今日まで]

そして今日―

思いがけぬ偶然、考えられない場所で”再会”してから9年間の記録

≪あの日から今日まで…≫68タイトルに及ぶ過去日記という形で綴ってきた過程において、忘れかけていた想いを再確認したり、その時は気付けなかった想いに触れる事が出来た気がしている。

私が書いている記事を時折、横目で見ながら「そんな事もあったよなぁ~」と懐かしんでいた”彼”もまた同じであったようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

”彼”の宝物 [あの日から今日まで]

”彼”の宝物―

それはもちろん≪ワ・タ・シ≫と言いたいところだけれど…。

う~ん残念ながらそうではナイ。

”彼”は私が愛した時には、もう既に”パパ”だった。

そう…”彼”が目の中に入れても痛くない程、出来る事なら目の中に入れてしまいたいのではないか?と思う程に愛しんでいる宝物は、三人の子供たちだ。

付き合い始めてまだ間もない頃、家の事や時間の事ばかり気にする私に、一度だけ”彼”が弱音を吐いた事がある…。

「今、一瞬だけ子供たちを重荷だと思った…。」

お互いの気持ちを確認するまでに時間がかかってしまった分だけ、付き合い始めてからの気持ちの加速で、”彼”は気持ちのコントロールが出来なくなっていたのだろう…。私だって、もっと自由に会えたら、もっと一緒にいられたらと思わないハズはない。気持ちは痛いほど伝わったけれど、子供たちに対する本来の熱い想いが無くなってしまったのではない。

”彼”が口に出したのは一時の気の迷いであり、私までが流されてはいけないと思い、精一杯の強がりで反論した。

「私、雅サンがパパじゃなかったらいいのに…って思わない。パパになってた雅サンを好きになったのは私だから。そんな事を思う雅サンは嫌い。」

「そうだな…もう言わないよ。」

「言わないじゃない!そんな風に思わないの(笑)」

「了解!(笑)」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

夢ふたたび [あの日から今日まで]

2003年の始まりは、”彼”の新たなスタートでもあった―

正式に退職の手続きをとり、有給休暇という権利をフルに活用して、年始から出社することもなく、1月末日をもって退職した。

退職の日―

「お疲れ様でした。(笑)やっぱり、淋しい?」 (愚問だ

「こんな事でもなけりゃ、いつまでたっても決心がつかなかったかもしれないから、結果的には良かったんだ…シ・オ・ド・キってやつだよ(笑)」

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

夢とひきかえにした想い  [あの日から今日まで]

”彼”が≪俺の人生の一回目のピーク≫と言っている時代…。それが、東京で暮らした数年であり、その時期を共に過ごしたのが”二回目の記念日”に紹介してくれた心友夫妻である―

”親友”ではなく”心友”と記したか?時折、”彼”から聞いていたのが”あの二人に何かあった時は、子供たちが不自由しない程度の物だけは残して、全ての物を手放してでも助ける…”という言葉。 そして、実際に会ってみて、それだけ深い部分で、心と心が通じ合っているのを感じた時、その思いが豪語でない事を思い知ったからだ…。

その二人を”彼”が私に紹介してくれた時の口上―

「俺を振った女と勝ち組の男(笑)」 (のっけから爆弾発言に目を白黒させた私)

かつて、同じバンドで夢を追いかけていた二人がマネージメントスタッフであった彼女を取り合った…というコトらしい(笑) (う~ん、負けたのかぁと複雑な心境だった)

ご主人の謙吾さん、奥様の玲子さんとても素敵な夫婦で、今では私にとっても大切な存在である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

nude~身も心も~ [あの日から今日まで]

一応の終結は見た。けれども、私は自分が言ったコトの重さに…そして、その言葉を受け止めた”彼”もまた、ぎこちなさを拭いきれないままだった。

心がバラバラになっていた私だから赤ちゃんが出来てもいい方法で...”などと言ってしまったけれど、正気をとり戻してしまえば、そんな言葉が普通に言える私ではない、溶けてなくなりたいくらいの心境になる

≪ゴメンナサイ≫と言ってみたところで≪謝るなよ…≫そんな答えが返ってくるのは目に見えている。 

私が勢いに任せて言ってしまった言葉も、その大小に関わらず聞き逃さない、聞かなかったコトには出来ない…そんな”彼”の性格を知っていて、よくも”あんなコト”言えたものだ。

事実、再び”彼”の元に帰ってからも一度も肌を重ねる夜は無かった。そういう流れになってしまいそうな”大人なkissさえも…だ。

その事を除けば、いたって普通だったからこそ、余計に不自然な気がしていたのは私だけではないはず…。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-終結 [あの日から今日まで]

”彼”の手を放してしまった瞬間に、私が出した答えは間違いだったと気付いた。

けれど、それは後悔ではない―。

この時の私は、どんな方程式を使っても、別の公式を当てはめても、間違ったこの答えしか出てこなかったのだから…。

私は、自分の弱さを棚に上げて、”最初から話してくれたら…”と言って責めたけれど、仮に事前に打ち明けられていたとしても、別の形で”彼”を責め立てたに違いない。

”彼”の胸に飛び込んだ時にあったはずの”覚悟”って…一体何だったのだろう?

始めから、たいした”覚悟”もしてなかったんじゃないの?

自問自答してみたところで、”彼”に甘えていた自分、独りよがりで弱い自分が浮き彫りになるだけだった…。   

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-慟哭 [あの日から今日まで]

勢いあまって、成り行きで家を出たわけではなかった…。

一人でいる事が大嫌いな私が、この時だけは≪一人になりたい…。≫そう思った。

何もかも全部承知で、それでも”好き”になったはずなのに、自分が愛した人の過去の重さに耐えかねている私の心が問題だ。

導火線に火を着けたのは”彼の無意識の失言”だけれど、本当は爆弾がいつも私の心の中にあった…。

これまでにも、何度か些細な揺れはあった、その度に”彼”は誠実に、献身的に私の気持ちを支えてくれていた。何度も、”うん、わかった”とか”もう大丈夫”などと言う割りには、すぐに心がグラグラ揺れる…

少しもわかっていないのに”わかった”と言い、全然大丈夫なんかではないのに”大丈夫”と言う。そんな私は”彼”の優しさの上にあぐらをかいていたようなものだ

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-逃避 [あの日から今日まで]

悲しくて、ただ哀しくて、何も考えられなかった…。

家に帰り、母を起こさぬ様そっと自分の部屋に入ってベッドの中で声を殺して泣いた…。

”彼”が私を想う気持ちを疑ったわけではない…。

何か”ちゃんとした理由”があるのだともわかっている…。

それでも、そんなコトはどうでもよかった。説明などいらない!!!

どんな理由があるにせよ、聞いてしまった事は消せない…のだから。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

事件簿Ⅲ 彼と私の20日間戦争-起爆 [あの日から今日まで]

これまで、六年半に及ぶ長い年月の中で、たった一度だけ!”彼”と私の間…正確には、私の心の中に≪別れる≫という感情が芽生えた時がある。

二人の気持ちを確認しあった時に、”彼”にお願いした事≪毎日会いたい、たとえケンカした時でも…。≫そう言った私が、会うことを拒絶したほどの危機。

何があっても、どんな時も、向き合っていれば大丈夫…そんな自信など吹き飛んでしまった。あの夜の≪たった一言≫    

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ
前の10件 | - あの日から今日まで ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。